あなたにとってのQOLとは? ―『ギフト 僕がきみに残せるもの』を見て―

 私は映画館で映画を見るのが好きだが、意外と、前売り券は買わなかったりする。なぜなら、前売り券を買った時に限って都合が悪くなってしまう、という苦い経験が多少なりともあるからだ。

 そんな私が久しぶりに、『ギフト 僕がきみに残せるもの*1の前売り券を購入した。

 『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、ALS*2と宣告された、NFLの元選手スティーヴ・グリーソン(あのアイスバケツチャレンジの発起人!)のドキュメンタリー映画だ。

 そんなにALSに興味があるのか、と言えばそういう訳でもない。

 かと言って、興味がない訳でもない。

 ヒラリー・スワンク主演の映画『サヨナラの代わりに*3』を見たり、漫画宇宙兄弟*4を読んだりして、ある程度はALSについて知ってもいたから、この映画が公開されると知った時、病と向き合うツライ姿を見ると分かり切っている映画をわざわざ見たくはないと思い、私は端から見に行くつもりはなかったのだ。

 にも拘らず、私は前売り券を買った。それは、なぜか。

 この映画の前売り券を買うだけで、その一部(100円)が「せりか基金*5」を通じてALS啓蒙活動資金等として活用されることを知ったからである。しかも値段は、他の前売り券と変わらない1500円だ。ただそれだけ。買う側としては、何かデメリットがある訳でもない(問題は上映期間にちゃんとチケット使うだけ!)。

 前売り券を買って、映画を映画館で見るだけで、ほんの少し何かの助けになれる、だなんて。そんなうまい話なら、、、買わない手はないじゃないか。

 そんな訳で、私は『ギフト 僕がきみに残せるもの』を鑑賞してきたのだが。予想通り、内容はツラかった。『サヨナラの代わりに』で十分分かったつもりでいたが、リアルさのあったあの映画でさえ、多少は美化されていたのかもしれないと思った。今回のはドキュメントそのままだから、全てがリアルのまま、ありのままだ。涙なしでは見られない。

 それに、例え身近にALSの患者はいなくても、日常生活で介護を必要とする患者が身内にいる人は、今の世の中、とても多いだろう。そういう人達にとっても、この映画は、励みになり、また非常に参考になるドキュメントだと感じた。

 スティーブと妻ミシェルが介助を巡ってちょっとした口論になるシーンや、スティーブの父が(息子が死ぬかもしれないという)不安・恐怖から行き過ぎた行動に出てしまうシーンなど。自分に置き換えてみても、思い当たる節のある人も多いのではないだろうか。

 ありのままの介助生活を私達に公開してくれるこの映画は、ALSに対する知見を広めるに留まらず、あらゆる人にとっての生きる助けとなる作品だ。患者や家族は病とどう立ち向い、そして寄り添えばいいのか。納得した生き方・死に方とは何なのか。後悔のしない介護・介助の仕方はあるのか。医療費をどこまで負担するのか…等々。様々なセンシティブな問題についての、グリーソン一家の考え方・取り組み方を一つのサンプルとして披瀝してくれるからである。ここまでの極めて個人的な問題(実はもはや社会問題だと思うのだが)は、いざ自分が当事者になった時、一番知りたい問題でありながらも、実際は友人間や親類間であってもなかなか話すことの出来ない領域だ。それをこの映画は惜しげもなく映像で見せてくれる。これはとても貴重なことなのだ。

 もし今、自分自身も含め、周りも健康な人ばかりで関係ないやと思う人でも、ちょっとだけ興味を向けて、この映画を見てみると、人生への考え方がいくらか変わるかもしれない、そんな可能性を秘めた映画だ。

 ALSだけでなく、世の中には想像以上に日々病と付き合いながら生きている人が沢山いる。頭の片隅に少しだけ、そうしたことを意識しておくだけでも、あらゆる人にとって社会は今までよりも生き易くなる、と私は信じたい。そして、ALS始め、まだ解明されていない病気の治療法が確立して欲しいと思って止まない。


映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』予告編

*1:原題は、Gleason Gleason [DVD] [Import]

*2:筋萎縮性側索硬化症のこと。

*3:2014年、原題はYou're Not You

*4:宇宙兄弟』では、南波六太宇宙飛行士や伊藤せりか宇宙飛行士が、宇宙でALSの解明に向けて日々研究を重ねるエピソードが描かれる。

*5:ALSの治療法を見つける為の研究開発費を集める『宇宙兄弟』ALSプロジェクトのこと。