読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- comme l'ambre -

2015年12月1日開設

さよならを言う度にいつも ―『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を見て #2―

困ったことに、Ev'ry Time We Say Goodbyeのリピート再生が止まらない。

元々好きな曲の一つだったけど…。

ここまで聴きまくったことはない。

f:id:fab_1Ber:20160428233528p:plain

ヘビロテが始まった切っ掛けは、バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生*1見て以来。

それくらい、劇中での、この曲の使い方がすごく意外なもので…、そして、新しい解釈に出会った感じがして…、甚く感動してしまったから。

 

そんな風に、一人で気持ちが盛り上がっちゃって、ツイートまでしちゃった。

こんな感じ。

でも、アナトリ・クナイゼフ*2は、やっぱりちょっと気障だと思うな。あんな場面で歌詞引用するなんて。

 

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生では、Richard Cheese & Lounge Against the Machineが歌っていたけど。

 

私のEv'ry Time We Say Goodbyeだけプレイリスト」は、今の時点では、こんなラインナップ。

   

まだまだ追加して、どんどん聴き比べして行きたいなー、って。

 

今一番、群を抜いて好きなのは、ナタリー・コールver.かな。

今は、このアレンジ具合が一番好きみたい。

ナタリー・コールの歌声が、心に沁みわたってきちゃう。

 

いい声だなあ…。

 

去年の大晦日だっけ…。

ナタリー・コール*3、亡くなったなんてなあ…。

 

「録音」って発明した人凄いなあ…いつまでもいつまでも歌声を聴けるんだから。

録音技術の発明もエジソンだった…?

凄い発明だ…。

 

ナタリー・コールver.は、『五線譜のラブレター*4のサントラver.でもあるからDVDでも聴くことができる。

訳詞って、きっと凄く凄く難しいんだと思うんだけど。

この『五線譜のラブレター』Ev'ry Time We Say Goodbyeの字幕は、なかなかいいと思う。

 

歌詞を見ながら眠る前に聴いていたら、言葉が胸に響いて、感動しちゃって、涙が…。

そして、そのままぐっすり眠れた…。

 

…そう、どっちかと言うと、涙しちゃうような歌だと思うんだ。

 

なのにバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生では、誘拐・拘束など恐怖を与えるシーンで、Ev'ry Time We Say Goodbyeが使われてたから…もう、本当にビックリしたって訳。

「そういう意味のグッバイなの?」って。

けれど、その使い方に全然違和感がなくて、むしろ凄く合ってた。

だから、その2つのシーンにEv'ry Time We Say Goodbyeを使うことを決めた人も凄いし。

コール・ポーターの名曲の力も改めて凄いな、って…やっぱり偉大だなあ、って。

 

そんな感動が冷めやらず、Ev'ry Time We Say Goodbyeのヘビロテ状態継続中。

 

 

You Tubeでも検索してみたら

初めて聴くEv'ry Time We Say Goodbyeに出会えた。

 

↓コチラは、シンプリー・レッドver.(official Simply Red


Simply Red - Ev'ry Time We Say Goodbye

 

↓コチラは、カーリー・サイモンver.(Carly Simon VEVO


Carly Simon - Ev'ry Time We Say Goodbye

 

聴き比べるのって、ホント面白い。

シンプリー・レッドver.は、凝ったMVだなあ。

カーリー・サイモンver.は、明るい曲調になってる。

 

こうして色々と比べてみると、やっぱりバットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生Ev'ry Time We Say Goodbyeは、どことなく怪しげな感じに聴こえたかも。

 

 

Ev'ry Time We Say Goodbye、他には、どんな映画で使われてるんだろう…。

*1:原題は、Batman v Superman : Dawn of Justice

*2:演じるのは、カラン・マルヴェイ

*3:1950-2015

*4:2004年、原題はDE-LOVELY