読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

- comme l'ambre -

2015年12月1日開設

547分の1

映画

「2015年ベストムービー」とは?

はてなブックマークを見ていたら、こんなランキングを見つけました。

coco賞2015 - Twitterユーザーが選ぶ2015年映画ランキング

2015年1月1日~12月31日の間に日本で封切りされた映画を対象に【1位には10ポイント、2位には9ポイント…10位には1ポイント】という形で、一人に付き一回まで、投票が行われた。投票期間は2015年12月28日~2016年2月1日。

2016/02/11 09:49

cocoという映画に関する呟きを自動収集・解析する映画レビューサイトが実施した、ツイッターユーザーが選ぶ「coco賞 2015年ベストムービー」というものらしいです。

1位から順に見ていくと、なんと547位までありました。

自分の見た映画は一体何位くらいにあるんだろうかと、ちょっと調べてみると、昨年、私が映画館で鑑賞した作品のうち、次の15作品がランキングに入ってました。

 

3位 キングスマン*1

KINGSMAN / キングスマン(初回限定版) [Blu-ray]

高級テーラーの奥にスパイ機関があるという設定からして、もうトキメいてしまいます。

コリン・ファースのスマートなスパイぶりが素晴らしかったです。最強の紳士です。

コリン・ファース演じるハリーが若い有望なスパイエグジーを高級テーラーキングスマンに連れて行くシーンがあるのですが、スマスマ渡部篤郎さんが中居くんを高級テーラーに連れて行ってくれた時、ふとキングスマンのことを思い出して、思わずこんなことを呟いてしまいました。

 

12位 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)*2

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]

音楽とワンカット映像に迫力があって、ストーリーも面白かったです。

この映画で初めてエマ・ストーンを知った筈なのに、どこかで見たことがある気がして、ずっとモヤモヤしていました。

暫くして、彼女が、ハノイ・ロックスのボーカルのマイケル・モンローに、どことなく似てるからだと気付きました。

少し似てませんか?二人共、目が大きいところとか。

ストリート・ポエトリー 

 

50位 『黄金のアデーレ 名画の帰還*3

黄金のアデーレ 名画の帰還 [DVD]

ナチスに奪われたクリムトの名画の所有先を巡って、一人の女性とオーストリア政府が戦います。

ニューイヤー・コンサート2012

2012年ウィーン・フィルニューイヤーコンサートの放送で、クリムト『接吻』をバックにバレエが披露されたことを思い出し、「クリムトの絵がテーマの映画なんて是非見てみたいなあ」と思って、見に行った映画です。

 

52位 ミニオン*4

1ber-fab.hateblo.jp

 

60位 『ストレイト・アウタ・コンプトン*5

Ost: Straight Outta Compton

私はN.W.Aのことは全く知らなくて、スヌープ・ドッグの登場でやっと「ああー、こういう系譜なんだ」と分かった口です。

ギャングスタ・ラップの重低音がガンガン響いていて、劇場の大音量で楽しんで見れて、良かったです。

危うくて脆くて、面白かった!

 

90位 『マイ・ファニー・レディ*6

ジェニファー・アニストン目当てで見に行った映画です。

映画が始まって数秒、Heaven,I'm in heaven~と聞こえてくると、思わず前のめりになってしまいました!

映画のオープニングナンバーに、アーヴィング・バーリンの作ったCheek to Cheekが流れてくるなんて、これは絶対私好みの作品に違いない、とピンと来たからです。

その予感通り、本当に最高の映画でした。

因みに、『マイ・ファニー・レディ』の原題はShe's Funny That Way。同名の有名なスタンダードジャズナンバーは色んなシンガーによって歌い継がれている名曲ですが、私のおススメは、アルバムNice 'N' Easyフランク・シナトラ版です。

Nice N Easy 

 

101位 『HERO』

ご存じ月9、HEROの劇場版です。

劇場版には久しぶりにオリジナルキャストの松たか子さんも出演されています。

松たか子さん演じる雨宮舞子がスクリーンに現れた時、役者さんとしての圧倒的な存在感、パワーを感じました。やはり雨宮舞子は、HEROに欠かせない登場人物ですね。

勿論、内容も面白くて大満足でした。 

 

123位 『わたしに会うまでの1600キロ*7

わたしに会うまでの1600キロ [Blu-ray]

リース・ウィザースプーン目当てで見に行きました。

すごく感動して、泣き過ぎてしまいました。

 

132位 『サンローラン*8

SAINT LAURENT/サンローラン [DVD]

「自分の名前をブランドにする」ってこういうことなのか、とよく分かる映画でした。

特に印象的だったのは、イヴ・サンローランジャック・ド・バシェールがクラブで出会うシーン。クラブの端と端にいるイヴとジャック、その二人の交差する視線を表しているのか、何度も映像がクラブの端から端へ行き来していました。

それから、イヴ・サンローラン自ら、顧客に接客するシーンもとても素敵でした。「サンローラン」を試着している一人の女性客、初めは着慣れなくて、全然着こなせていないのですが、イヴ・サンローランが彼女に直接アドバイスをすると、どんどん素敵に変身していくんですよね。人をキレイに変身させてしまう人ってすごいですよね、ちょっと魔法みたいでした。

そういえば、イヴ・サンローランアンディ・ウォーホルの名前を「アンディーブ・ウォーホル」と言葉遊びするシーン、面白かったな。私はついついチコリーを連想してしまいました。チコリーは、フランス語でendiveなので。

 

188位 『Re:LIFE ~リライフ~*9

1ber-fab.hateblo.jp

 

257位 ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男*10

ジェームス・ブラウン~最高の魂(ソウル)を持つ男~ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

もし私がcoco賞2015に投票するんだったら、このJBの映画に、10ポイント入れたいかな。

JBがアカペラで、♪TRY MEを歌うシーンに大感動しました。

 

276位 ギャラクシー街道

ストーリーに少し困惑してしまいました。三谷幸喜さんの得意なシットコムスタイルですが、好みの分かれる映画という気がしました。

キャストの方々は皆さん、全力で宇宙人を演じていました。

 

290位 『アデライン、100年目の恋*11

アデライン、100年目の恋 [Blu-ray]

ブレイク・ライヴリー目当てで見に行った映画です。

ロマンチックで、切なかったです。バッドエンドだったら、嫌だなあと思っていたら、ハッピーエンディングで安心しました。

母娘の会話に泣けてしまいました。

 

365位 『イタリアは呼んでいる*12

1ber-fab.hateblo.jp

 

450位 『ア・フィルム・アバウト・コーヒー*13

1ber-fab.hateblo.jp

 

以上15作品、こんな感じでランキングに入ってました。

それにしても、公開されている映画作品数って、とてつもないですね!

驚きました。

これだけ沢山の映画が公開されていると、興行収入を稼ぐにしても、相当大変なことなんでしょうね。

*1:原題は、Kingsman : The Secret Service

*2:原題は、Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

*3:原題は、Woman in Gold

*4:原題は、Minions

*5:原題は、Straight Outta Compton

*6:原題は、She's Funny That Way

*7:原題は、Wild

*8:原題は、SAINT LAURENT

*9:原題は、The Rewrite

*10:原題は、Get on Up

*11:原題は、The Age of Adaline

*12:原題は、THE TRIP TO ITALY

*13:原題は、A FILM ABOUT COFFEE